利用者に寄り添ったサービス

ケアマネジャーの仕事は、介護計画を作成して終了ではありません。

 

サービスが実際に提供されてからは、月に1度利用者に対してヒアリングやモニタリングを行います。
これをもとに利用者と事業者へ利用表と提供表を配布するのです。
介護事業者は提供表をもとにさらなるサービスの改善を目指すことになります。

 

介護サービス利用者に対するサービスの計画、提供、毎月の管理を
合わせてケアマネジメントといいます。

 

サービスの主体である利用者と事業者を結ぶケアマネジメントの中心的役割が、
ケアマネジャーなのです。

 

はじめて介護事業を起業する際の形態として人気の高い訪問介護事を例にして、
ケアマネジメントのプロセスを見ていきましょう。

 

ケアマネジャーから連絡をもらった訪問介護事業者は、
利用者とアセスメントを行い、要介護認定の度合いに応じたアセスメントシートを作成します。

 

ケアマネジャーは事業所内のサービス計画者やその他専門化と会議を行い、
ケアプランの調整をします。

 

準備の最終段階として、介護事業者はケアマネジャーが立てたケアプランに基づき、
実際の訪問介護をどのように行うかという計画を利用者と家族に提案し、同意を得るのです。

 

同意を得て介護が始まると、
ケアマネジャーが現場へ赴き介護職員の職務をモニタリングします。

 

モニタリングによって得られた評価をもとに、
さらなる介護サービスの充実を目指して再びアセスメントを行うこともあります。

 

介護事業者とケアマネジャーが助け合わなければ、
質の高い介護サービスの提供は実現出来ません。
車軸の両輪のように、お互いが協力して介護にあたることが不可欠なのです。